プロフィール
Paco
Paco
ペコーズ、店主、ぱーこです。
大のイギリス好き。
それが高じてティーインストラクターの道へ。
イギリスでも学んできました。
産地、収穫時期、ブレンド・・・
探求しても尽きない紅茶の世界は、奥深いです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年09月01日

ペコーズの宝物、ジャワティー



美しい赤色の水色
これはペコーズの宝の原石
インドネシアの紅茶をアイスティーにしたものです。

「Java Superior Orange Pekoe」
ジャワ スペリオールオレンジペコー
カップ 350円 ポット450円 アイスティー400円

初めて水出しにして出来上がったこの水色を眺めた時、
なにか神々しいものが宿っているかのような美しい水色に
心打たれた記憶があります。

なぜウチが取り扱わせていただいてるのか不思議なくらい
貴重な紅茶なのです。

もともとはオランダ国営農園で、インドネシア国内で最高の茶葉が採れるということで
そこの紅茶はオランダ王室御用達になっています。
独立後にインドネシア国営になりましたが、
その茶園で生産された紅茶の大半は、オランダへ流通し、
生産地であるインドネシア国内でも入手困難です。

その肩書きは一切知らず、
はじめてその紅茶をいただいたとき、
(もう、インドネシアのおみやげ感覚に近かったです)
衝撃を受けました

「インドネシアでこんなおいしい紅茶があったなんて」

渋みは無く、さっぱりしている中に甘みを感じる蜜のような芳香があり、
飲んでくださった方々の感想も
「高級なワインのタンニンのようなうまみがある」
「お茶酔いするくらい美味しい」
「コーヒーが好きで、紅茶はダメだけど、これはおいしい」
などなど、絶賛です。

インドネシア人の知人からいただいたり、
自身で購入したり
メジャーなところでは、缶紅茶だったり(ジャワティーです)
それまで色々飲んできましたが、
インドネシアの紅茶はあっさりさっぱりクセがなく、香りが弱いという印象があったのですが
この紅茶にはびっくりでした。
「飲んで感想聞かせてね」
と、いうことだったので、その紅茶をくださった方に
「おいしいから輸入できませんか?」
とお願いして実現したのですが、
本当はそんな簡単に輸入できるシロモノではなかったことを後で知るのです・・・

近々開始するネット販売のために
もう少しこの紅茶のことを知りたくて、紹介者の方にお問い合わせしていました。
そしてその紅茶の情報をメールでいただいたのですが、
さらに嬉しいことも記してありました。
現地でその貴重な紅茶を取り扱っている方が、日本にいらっしゃるとのこと。
そして、お会いできるかもしれないこと。
いつかインドネシアに行って、その貴重な茶葉をもたらしてくださったことのお礼をしたい、と願っていましたが、こんなに早くお会いできるなんて
と、ドキドキしています。
  


Posted by Paco at 07:36Comments(2)紅茶