プロフィール
Paco
Paco
ペコーズ、店主、ぱーこです。
大のイギリス好き。
それが高じてティーインストラクターの道へ。
イギリスでも学んできました。
産地、収穫時期、ブレンド・・・
探求しても尽きない紅茶の世界は、奥深いです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年09月05日

ハミングバードブレンド、今度はミルクティー向け

ただいま、ハミングバードにてアイスティーで提供していただいているブレンドティーに続いて
第二弾です
そしてまたですが
名前は決まっていません

でも、一作目のブレンド名、なにやらハミングさんは案が生まれている様子。
楽しみです、ネーミング。

今回のブレンドもペコーズでこっそりメニューに入れたいくらい美味です。

気になる人は、ハミングバードへGO!

と、突き放さずに解説します。

一応二種類ブレンドして試飲していただきましたが、
はじめから、コッチだろうな・・・と予測していました。
予測は当たって、嬉しい限り。
実は、この茶葉、
一作目のお話をいただいた時点でハミングさん向けに仕入れておいてたのですよ。
きっと似合うだろうなーと。

今回は、みんな大好きなあまーいフレーバーをミルクティに合う配合にいたしました。
もちろんストレートでもお楽しみいただける味です。
でも、ミルクティー前提だと、濃度が違ってくるのです。
その、甘いフレーバーに、後口をさっぱりさせる風味のケニアや、
優しい甘みとこくを持つルワンダなどブレンド。

ハミングさんはミルクも低温殺菌牛乳にこだわってらっしゃって
ミルクティーはミルクも大事なポイントですから。
みなさま、お楽しみに。


ハミングさんから発でペコーズへ来てくださってるお客様がチラホラ
ありがたく、嬉しい限りです。

写真は、テイスティングのときのもの。
この二杯で、私はお昼ごはんもいらなかったです。0
  


Posted by Paco at 21:20Comments(0)ブレンド紅茶