プロフィール
Paco
Paco
ペコーズ、店主、ぱーこです。
大のイギリス好き。
それが高じてティーインストラクターの道へ。
イギリスでも学んできました。
産地、収穫時期、ブレンド・・・
探求しても尽きない紅茶の世界は、奥深いです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年01月11日

冬の紅茶メニュー(その1)

新入荷の紅茶や、季節に合わせて提供する紅茶
増えましたのでお知らせです。

季節のブレンド(Brilliant)
カップ 350円 ポット450円

限定販売。
ヌワラエリアの高地(ラバーズリープ茶園)とダージリンの競演。
ダージリンのファーストフラッシュが繊細な香りを添えます。   
きりっとした渋みに濃厚なコク。 新しい希望の年のはじまりに。
紅茶の渋みが好きな方はオススメです。
朝のはじまりに、気分転換のときに、
そのきりりとした飲み口がリフレッシュできます。

正山小種(ラプサン・スーチョン)
ポット 500円

茶葉を松葉で燻して着香した中国紅茶。
独特のクセがありますが、病み付きになる人も。
イギリスではオリエンタルともてはやされ、
しばしばパーティーなどおもてなしの席でよく登場します。
私がイギリスに研修に行ったとき、
向こうの先生が、ウェルカムティーにブレンドしてくださっていました。 
向こうの水で淹れると、クセがやわらかくなり、深みがあっておいしいです。
日本では、香りの輪郭がよりくっきりする傾向にありますので、
そのクセをやわらげるブレンドをして飲みやすく提供することはできますので
勇気を出してチャレンジしてみてくださいね!


写真は今日はじめておじゃました
カナカナさん

ハローワークの向かいにある
日本家屋のギャラリーカフェです。
とってもすてきな空間で、
和の室内に、額装もステキな版画が飾られ、
火鉢の火がぬくもりをかもしていました。
いただいた日替わりのサンドランチ、
デザートのプリンやコーヒーも優しい味でおいしかったです。
何より、時間の流れがゆったりしていて、
じゃんじゃんと似ていますよね、とお話していました。

次におじゃましたのが、サウスウエストカフェ
秋からお昼にカフェタイムをはじめていて、
ペコーズからの紅茶もメニューにのせていただいてます。
このときのことは次回の日記にて~
  


Posted by Paco at 20:57Comments(3)新着Teaのご案内