プロフィール
Paco
Paco
ペコーズ、店主、ぱーこです。
大のイギリス好き。
それが高じてティーインストラクターの道へ。
イギリスでも学んできました。
産地、収穫時期、ブレンド・・・
探求しても尽きない紅茶の世界は、奥深いです。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年09月13日

取っ手のないティーカップ

紅茶缶の整理をしていました。
処分するとき写真を残しておきます。

これはふっと見たら取っ手の無いティーカップのイラストです。
手抜きとかミスプリントではありません。
ティーカップの原型で、中国茶器から変化したものです。
実際アンティークで見かけますが、数は出回っていません。
なかなか高価で手が出ませんが、いつかは欲しいです。


同じカテゴリー(紅茶の豆知識)の記事
 セカンドフラッシュ(夏摘み紅茶)の香りの元は (2007-09-10 13:47)

この記事へのトラックバック
キャスキッドソンのブロッサムティーカップ&ソーサー は、英国の午後の一時を迎える雰囲気を醸します。
キャスキッドソン ブロッサム ティーカップ&ソーサー【キャスキッドソン(CathKidston)で通販】at 2007年10月09日 22:41
★1日4万PVを誇るトップページよりユーザーをサイトへ誘導します。★★全ページのサイドバーに掲載されます。★★紹介文面生成ページにてピックアップとして表示されます。★★激増通...
【激増ピックアップ】30日間・【情報・稼ぐ・情報・役立つ・情報】【情報・稼ぐ・情報・役立つ・情報】at 2007年11月21日 04:42
この記事へのコメント
紅茶の空き缶すてきですね(^^)お店へお邪魔するとティーカップと同じ位に紅茶缶も気になります。思い出すだけで…お店へ行きたくなって来たわ(^_^;)
Posted by マイマイ at 2007年09月13日 22:17
カップの取っ手は日本の伊万里焼の職人さんがつけたそうですよ。
Posted by もくれん at 2007年09月14日 02:57
マイマイさま
コメントありがとうございます
紅茶缶、ステキなものは入れ物として引き続き使ったり、自宅で小物入れになっていたり・・・
デザインが色々あって楽しいですよね

もくれんさま
コメントありがとうございます
イギリスのアンティークマーケットでは
日本の陶器のアンティークもたくさん見かけます
伊万里の職人さんが当時の需要に合わせて輸出向けに付けたのでしょうね~
今度マーケット見に行くときはその辺にも注目してみたいと思います
Posted by Paco at 2007年09月14日 06:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。